雁の寺 瑞春院

f0363168_14572101.jpeg
f0363168_14570681.jpeg
相国寺西側入り口にある瑞春院

水上勉さんの「雁の寺」で有名です。幼い水上勉さんが、その昔修行されていた寺です。

襖に描かれた親子鳥の絵にお母さんへの思いを募らせ、寺を飛び出した事もあったそうです。
後に「雁の寺」という作品が生ました。

 以前、友人と二人でここを訪れ、水琴窟の音色に耳を澄ませ、お寺を案内していただきました。有名な親子鳥の襖絵の前で、水上勉さんの雁の寺のモデルとなった絵ですと説明された時、?⁇となりました。雁てこんな鳥だったかな〜〜?と。

案内の方は何か勘違いされてる…?と思ったのです。でも静かに話を聞いていました。

お寺内の案内が終わりお話の最後、あの襖絵は雁ではありません、孔雀ですと。

水上勉さんは長い間、ずっと雁の親子だと思い違いしていらしたんだそうです。

有名になられた後に、この寺を訪れてはじめて明らかになった事実。

実際に瑞春寺には雁の絵はあるのですが、それはもっと上の位のお坊様のお部屋の襖で、小僧さんだった水上さんは当時は
入る事も許されておらず、目にしておられないとの事。

知らんかった〜その日は何だかとてもお得な情報を手に入れた気分で帰宅し、家族に自慢げに披露したkaroku3なのでした。

毎朝この前を通る度に思い出します。

f0363168_08164755.jpg
今は青もみじ
f0363168_08171232.jpg
この薄桃色が・・・・キュン053.gif
f0363168_08170275.jpg
次々に咲いていく蓮の花



[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-29 09:00 | ライフスタイル | Comments(0)