人気ブログランキング | 話題のタグを見る

桔梗を見に蘆山寺へ

 
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_18451048.jpg

 桔梗が見ごろとの看板が気になりながら2週間、やっと蘆山寺にいけました。ここは天台宗のお寺で節分の追儺式鬼法楽(通称鬼おどり)で有名です。
 紫式部邸宅址は、考古学者角田文衛博士によって昭和40年に考証され、顕彰碑に「紫式部邸宅址」と揮毫されています。
蘆山寺はもともとはもっと北の場所にありましたが、応仁の乱のあとこの地に移転したとあり、その場所がその昔平安京にあった紫式部の曽祖父、中納言藤原兼輔の邸宅だったのだそうです。紫式部はここで暮らし、源氏物語を執筆したとのことです。

桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_17523080.jpg
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_17525286.jpg

 撮影ができるのはお庭だけです。拝観料500円、冷たいお番茶が用意されてあり、蒸し暑い本日おいしくいただきました。

桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_17554732.jpg
この御札も有名です。

 蘆山寺の西向かいに梨の木神社があります。その西隣は御所です。萩の花とおいしい名水が有名です。
   
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_17585339.jpg
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_18001461.jpg
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_18000058.jpg
 町の人たちや遠くからもひっきりなしに名水をいただきに来ておられます。私はペットボトルを忘れたので柄杓を使って手に受けてのどを潤しました。皆さん結構大きなボトルでこられています。以前、500ミリのペットボトルを持って立ち寄った時は、先にどうぞと譲っていただけたりして、気遣いで成り立っている染井端です。

桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_17593824.jpg
湯川秀樹博士の歌、秋には萩の花々に埋め尽くされる境内です。今は緑が美しいです。


 帰りは御所を突っ切って家路に向かいます。
 御所は出入り自由で市民のオアシス、通勤路でもあります。広くて自然も豊かで、小川やグラウンドもあり、子どもから大人まで一年を通じてゆったり過ごせる貴重な場所です。

桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_18142196.jpg
 時々、この塀に触ったり触れたりして(主に子どもさんや外国の方・・・)非常ベルが鳴ります。みんなやりがちな事ですが、ジリジリジリ~~!!と鳴り「文化財です、大切にしましょう・・・」みたいなアナウンスも流れます。今日もバックパッカーらしき外国の方がやらかしてました(笑)
 御所には東西南北にあちこち御門があり、きょうは乾御門から出て帰ります。
     
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_17551313.jpg
 
桔梗を見に蘆山寺へ_f0363168_18325987.jpg
 多分弾痕と思われますが、蛤御門だともっとたくさん残っています。初めて気づいたときは、歴史の中にいる事を実感して鳥肌が立ったことを覚えています。この地でいろんな歴史上の人物が行き交っていた事を思わせてくれます。



  

by karokusan461-2 | 2016-07-04 18:48 | ライフスタイル | Comments(0)