贅沢なのかケチなのか…⁈ グジを食べる夜

土曜日も仕事をしていた夫の慰労を兼ねて

亀岡の朝霧たわわの買い物を終えて

久々の天山温泉♨️

各種全てのお湯につかり、ロウリュウやサウナも楽しみ、うたた寝も含めて2時間ゆっくり温泉三昧

たわわでは干物屋のおじさんから

グジ(甘鯛)の干物をすすめられて、

ちょっとお高いな…と思ったけれど、おまけしてくれたので買い❗️

天山温泉♨️での食事はやめて帰宅してグジを焼きました。

ああ、これこれ… ホロホロと柔らかい身、ほんのり塩味で香ばしい
はあ〜〜〜〜おいしいなあ😋

焼いてるそばから夫は「久保田」とお猪口を出している(笑)

義母が元気な頃、丹後から売りに来られるおばちゃんからよくグジやカレイを買って食べさせてくれていました。

とてもおいしかったその思い出がよみがえってきました。

世羅の田舎では、干物と言えば干し鱈はよく食べていたけど、グジなど食べた覚えは無くて

京都で覚えた味です。

食べた後のこんがり焼けた皮や骨もそのまま捨てるのはもったいなくて、それに鰹節も加えてダシを取り、塩で味付けをして

お茶漬けにしました。大葉と海苔とゴマをのせて食べると二度おいしいグジです。

さらに余った出汁は翌朝の味噌汁にも使いますわよ、奥さん

karoku3家のケチケチ大作戦(笑)

f0363168_21261428.png

f0363168_21263378.png
ニャニッ❗️グジですとッ❗️


[PR]
by karokusan461-2 | 2018-10-15 09:00 | ライフスタイル | Comments(0)