<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今月初旬に友人宅から枇杷の実と枇杷の葉を分けていただきました。

実はおいしくいただいて、種と葉は干しています。枇杷の葉茶を作ります。

f0363168_18334939.jpg



種はとりあえず焼酎に漬けて枇杷種酒にしています。
   
f0363168_18330990.jpg

 枇杷の葉酒は何年も前から作り置きしています。虫さされや火傷に効きます。干すだけ、漬けるだけ〜〜、ずぼらなkaro

ku3にピッタリです。枇杷の葉の切り方が性格を表しています。大雑把でせっかち💦

切り方が雑やな~と我ながら呆れます。干せたら、お茶パックに入れてやかんで沸かして飲んでいます。どう身体に良いの

か・・・・実はよくわかりません037.gif   信じて飲む!

枇杷の実の友人には、収穫したばかりのニンニクを差し上げて喜んでもらえました。

節約というと何となくつらい感じもしますが、手作り生活を楽しむと思えばワクワクがいっぱいです。

庭もない我が家ですが、プランターで野菜を育てるのも楽しいです。

f0363168_18430543.jpg
 ざるが大きすぎて野菜が貧相ですが・・・三人家族の一食分には程よい収穫です。ありがたや・・・合掌

明日はゴーヤが一本食べ頃です。



 

[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-30 09:00 | ライフスタイル | Comments(0)

雁の寺 瑞春院

f0363168_14572101.jpeg
f0363168_14570681.jpeg
相国寺西側入り口にある瑞春院

水上勉さんの「雁の寺」で有名です。幼い水上勉さんが、その昔修行されていた寺です。

襖に描かれた親子鳥の絵にお母さんへの思いを募らせ、寺を飛び出した事もあったそうです。
後に「雁の寺」という作品が生ました。

 以前、友人と二人でここを訪れ、水琴窟の音色に耳を澄ませ、お寺を案内していただきました。有名な親子鳥の襖絵の前で、水上勉さんの雁の寺のモデルとなった絵ですと説明された時、?⁇となりました。雁てこんな鳥だったかな〜〜?と。

案内の方は何か勘違いされてる…?と思ったのです。でも静かに話を聞いていました。

お寺内の案内が終わりお話の最後、あの襖絵は雁ではありません、孔雀ですと。

水上勉さんは長い間、ずっと雁の親子だと思い違いしていらしたんだそうです。

有名になられた後に、この寺を訪れてはじめて明らかになった事実。

実際に瑞春寺には雁の絵はあるのですが、それはもっと上の位のお坊様のお部屋の襖で、小僧さんだった水上さんは当時は
入る事も許されておらず、目にしておられないとの事。

知らんかった〜その日は何だかとてもお得な情報を手に入れた気分で帰宅し、家族に自慢げに披露したkaroku3なのでした。

毎朝この前を通る度に思い出します。

f0363168_08164755.jpg
今は青もみじ
f0363168_08171232.jpg
この薄桃色が・・・・キュン053.gif
f0363168_08170275.jpg
次々に咲いていく蓮の花



[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-29 09:00 | ライフスタイル | Comments(0)

相国寺の蓮


 相国寺の蓮が咲いているかな?この時期のワクワク感がハンパない。

ああ~っ!咲いてる!!

柔らかな優しいピンクと清らかな白の何とも言いようのない、心洗われるお姿・・・。

南無阿弥陀仏・・・・🙏違うか・・😆一応浄土真宗門徒です。
f0363168_23110572.jpeg
写真撮るのがまだまだ未熟で蓮の美しさが伝わらない。蓮の花様、ごめんなさい。


 下御霊神社にはこの季節にならではの大祓(夏越祓)(おおばらい・なごしのはらい)神事が始まりました。あちこちの神社で見かけます。
 ご婦人がおひとり茅輪くぐりをされてました。

 karoku3は神も仏も拝みます。いいのかな?


f0363168_23170460.jpeg

いよいよ鴨川を越えます。

f0363168_23233237.jpeg


 チャリ通勤往復1時間、残念ながら痩せません。太ももが逞しくなっただけ・・・・です。涙

あと8ヶ月でkaroku3は仕事(パート)をやめようと思っています。還暦を迎えるタイミングでやめようと決めました。

 数日前、同い年の友人、昔の職場の同僚が突然亡くなりました。今でも信じられない思いです。生きてきた時間より残され

た時間が確実に少ないのです。それをどう生きるか・・命を大切に慈しんで生きていかないと・・・と痛切に感じました。

 本当にこれは好きなのか、持っている物ややっている事を、自分なりに考え整理して、手放していこうと思っています。

 
 






[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-28 09:00 | ライフスタイル | Comments(0)

誕生日


夫の誕生日、3人の子どもたちから鯖寿司が届きました。

わお〜〜朽木のまぼろし〜〜‼️
f0363168_22285564.jpeg
f0363168_22294204.jpeg
にに肉厚じゃ〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
10年ぶりにお目にかかりました。




[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-27 09:00 | ライフスタイル | Comments(0)

黒にんにくできた!

f0363168_09412593.jpeg秋にプランターに植えておいたにんにくが収穫できたので、炊飯器の保温機能を使って黒にんにくを作ってみました。あまりおいしくはできなかったけれど、食べられます(笑)身体に良さそうです。シニア直前のkaroku3にとっては、良き相棒になりそうな予感。
生にんにくを二週間干して、炊飯器を保温状態で約二週間、湯飲みに水を入れてカラカラに乾くのを防いでいます。時々上下ひっくり返しています。いとも簡単にできてびっくりです。でも炊飯器は二度とご飯は炊けないです。すご〜くにおうから …
我が家は最近、土鍋でご飯を炊くようになって炊飯器は不要になったので、黒にんにく専用です。

[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-26 09:48 | ライフスタイル | Comments(3)

チャリ通勤

わたしの通勤ルートは上立売通りから寺町通り二条通りです。相国寺を突っ切りながら、蓮の花が咲いてるかな?と池を見渡しながら、先を急ぎます。
寺町通りの一保堂で時々お茶を買います。番茶は見た目が腐葉土みたいですが、癖になる味わいがあります。廬山寺では、桔梗が見頃らしいです。看板だけ見て、チャリこいで進みます。朝はまだ門が開いてなくて、帰りは閉門。ちゃんと休みの日に来ないと入れません。昨年も一昨年も桔梗を見に来ました。こんなとき、京都ていいなと素直に思います。
f0363168_00270466.jpeg
f0363168_00232775.jpeg


[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-26 00:35 | ライフスタイル | Comments(0)

らんらん、留守番

母さんが帰省中で寂しがりやで甘えん坊のランは日頃はスルーしている父さんにスリスリ寄り添う無節操ぶり。

f0363168_19105200.jpeg

[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-20 19:08 | Comments(0)

友達に感謝

二泊三日の実家空き家暮らし、同級生も泊まりにきて、地元の友人も集まり賑やかな夕食。片付けも手際良い友人がさっさと済ませてくれて、家もスッキリ片付きました。楽しかったな…友達に感謝です
蛍を見に行きました。たくさん飛んでいましたが、写メ撮るのは難しいです。残念なり。


[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-20 16:16 | Comments(0)

各駅停車で

梅雨の晴れ間、良い天気になりました。karoku3の生まれ育った実家は今は空き家です。三年前に母を見送り、家は絶えてしまいました。京都住まいのkaroku3が管理する事になり、時々帰省して草刈りや掃除をしています。
この時期だとホタルが見れるかもしれません。

新幹線で往復するなんて贅沢はできません。きょうは各駅停車で5時間揺られて帰ります。

同級生と会えるのは楽しみです。
f0363168_15534804.jpeg
今夜は我が家で宴会かな?

[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-18 12:39 | ライフスタイル | Comments(0)

新しいステージへ

 紫陽花がきれいに咲きました。昨年定年を迎えた夫、最後の日の記念に求めて一年、道行く人を楽しませてくれています。karoku3は来年の還暦を前にこれからの老後や暮らし方について考える日々が続いています。子育ても卒業し親も見送った今、これからはもっと自分の自由を楽しんで、やるべきことは果たしながら好きなことを楽しみたいと思っています。家族と暮らしている以上いろんなハプニングも起こるだろうし、いつまでも元気とは限りません。現実はなるべく心穏やかに受け止めていけたらよいなと思います。夢を持つ、毎日を丁寧に暮らす、いごごちの良い家にする、当面はこれを目標にしながら、自分を見つめなおす意味でブログを始めようかと思いました。大好きな京都の片隅に暮らすkaroku3のお気に入りや素敵スポット、ローカルな穴場なども発信できて、京都西陣の魅力の再発見もしたいと思います。よろしゅうに~
f0363168_17491852.jpg

[PR]
by karokusan461-2 | 2016-06-17 09:41 | ライフスタイル | Comments(0)