人気ブログランキング | 話題のタグを見る

法泉坊 総代初仕事

田舎暮らしも3年目となり、村のお役もいただくようになりまして、

今年は法泉坊と言うお寺の組内の総代です。
集落のいくつかの班(組内)から一人ずつお寺当番みたいなものでしょうか…を選出。

年間を通じてお寺の行事に関わり、お手伝いをするお役目です。

きょうと明日は「春季永代経」です。

信徒皆で正信偈(しょうしんげ)を唱え、お斎(おとき)を頂き、午後からはご法話を聴かせて頂きます。

 きょうは総勢70数名の方が集まられました。

 総代は、その準備や接待にまわります。

法泉坊 総代初仕事_f0363168_15545761.png

法泉坊 総代初仕事_f0363168_15551191.png

法泉坊 総代初仕事_f0363168_15552262.png

 お斎です。
昆布巻き、干し大根、椎茸、人参、厚揚げの煮物などに、ひじき、沢庵、添えてあるのはほうれん草の白和えです。

全て手作りの精進料理をお寺の庫裡で、料理担当の方々が丁寧に作られていました。

 手際よくお弁当箱に詰めて、70数名分を並べました。

圧巻‼️

 私の祖母も母もこうしてお参りしてきたことでしょう。そしてお寺を大切にみんなで守って来たのですね。

いつの時代から続いているのか、詳しくは知りませんが、連綿と引き継いで来られたお参りの文化が、すたれる事なくこうして続いている事に、正直感動すら覚えました。

 午後から用事があったので、ご法話は聴けずに帰ったのですが、

良い経験をさせて頂きました。

南無阿弥陀   合掌

 

# by karokusan461-2 | 2022-04-09 20:30 | ライフスタイル | Comments(2)

桜堪能、お花見日和

 庄原市に住む姉夫婦を誘って、上野公園で満開の桜の下でお花見を楽しみました。

桜堪能、お花見日和_f0363168_20403948.png

桜堪能、お花見日和_f0363168_20405040.png
 築100年はゆうに越える姉夫婦の暮らす古民家の裏は菜の花が満開でした。

桜堪能、お花見日和_f0363168_20422722.png
小学生の時、家族でお花見に来て、生まれて初めて屋台のおでんを🍢食べた思い出のある、上野公園
何故か姉は覚えていなかった…💦
買ってもらったオヤツまで私覚えてるのに… グリコのプリッツでした 笑


桜堪能、お花見日和_f0363168_20434488.png
平日だから人も少なくて、桜は満開。
桜の木の下でお弁当を食べました。

次に蓮照寺の枝垂れ桜を見に

桜堪能、お花見日和_f0363168_20461053.png

桜堪能、お花見日和_f0363168_20462324.png

桜堪能、お花見日和_f0363168_20463512.png

青空に映える妖艶な美しさ

 朝摘んだヨモギで作ったよもぎ餅と道明寺粉から作った桜餅の手土産を喜んでもらえました。

桜堪能、お花見日和_f0363168_20514046.png

 世羅に帰ってから

今高野山の桜を見に

桜堪能、お花見日和_f0363168_20502060.png

桜堪能、お花見日和_f0363168_20503290.png
こちらも満開、見頃です。

きょうは桜を堪能した日でした。






# by karokusan461-2 | 2022-04-08 21:00 | ライフスタイル | Comments(2)

筍の季節がやってきた

 そろそろかな〜と思って山へいくと、かなり猪に荒らされていましたが、

筍がチラリと顔をのぞかせておりました。

筍の季節がやってきた_f0363168_20433634.png
スコップで掘り出して

筍の季節がやってきた_f0363168_20442302.png
羽釜に糠と水をいれてアク抜き

一晩おいて

明日は食べられます。うふふ💕

筍も米糠も薪木もみんな大地からの贈り物

 ささやかだけど、気持ちは豊か

 楽しい季節になって来ました。

 

# by karokusan461-2 | 2022-04-06 21:00 | ライフスタイル | Comments(1)

墓参り

 母の命日でした。
我が家に咲いた桜とレンギョウ、椿を持って墓参りにいきました。

 9年前の告別式は満開の桜で、キラキラ輝くような明るい春の日、

母は光子と言う名にふさわしい見送りをしてもらいました。

父が亡くなった後、人工透析をしながらの一人暮らしは不安な日々を送った事だろうと思いますが、

優しい姉一家が頻繁に訪れてくれて、面倒をみてくれました。

私達姉妹は他家に嫁ぎ、家を継がなかった申し訳なさを、頻繁に見舞うと言う形で償っていました。

 でも今思うと、夫も義兄も甥姪達、うちの子ども達もとても優しく接してくれて、ひ孫も抱けて、それなりに幸せだったかな?と

思えるようになりました。

 今、こうして空き家になっていた実家に帰り、いつも「生きているうちに帰ってきてあげられんで、ごめんね」と仏壇に手を合わせていたのですが、

 田舎でいろんな形での介護のありようや、お年寄りの最期の看取りの色々を見聞きして、

 一緒に住んでいなくても、肉親の愛情をいつも感じていられたであろう母は決してかわいそうなおばあちゃんじゃなかったと思えます。

 自分を責めるような事はもうやめようと…。

 私も姉も自分のできる事を精一杯やったんだから。

 きょうは「ありがとうね〜、またずっと見守ってくださいね」とお参りしました。

 今回の墓参りは、夫が用事で京都に行っていて不在だったのと、姉夫妻が地元の行事と重なり、昨日墓参りを済ませていたので、karoku3がひとりで山深い墓地に行ったのでした。

 熊や猪が出る山の中にある小さな共同墓地なので、これまで怖くてひとりでは行けなかったけれど、意を決して熊避け鈴(amazonで買ったw)を付けて、行きました。

 だれかと一緒にだと歩いて行くのですが、熊に遭遇した時に直ぐに避難できるようにギリギリまで車で行きました。

 ポツンと一軒家レベルどころではない、狭い急な山道の運転は、熊や猪より危険だったかも…です。

墓参り_f0363168_20401572.jpeg

墓参り_f0363168_20403988.jpeg

道幅、ほぼ軽トラサイズでミラーに檜が当たりそう😱


 

 


 








 







 


# by karokusan461-2 | 2022-04-02 21:30 | ライフスタイル | Comments(2)

嬉しいたより

嬉しいたより_f0363168_15332843.png

 蕗のとうを送った知人から絵手紙が届きました。

嬉しくて副反応のしんどさも忘れるほど💕

こんな優しい絵手紙、描けたらいいなあー

 新しい春

また新しい一歩

無理せず、調子に乗らず(笑)
一生懸命も程々に…


周りに感謝して、おかげさまの気持ちで暮らします。




 

# by karokusan461-2 | 2022-04-01 20:00 | ライフスタイル | Comments(2)